沿革概要

やすらぎの丘温泉病院の特色

やすらぎの丘温泉病院 当院は、病院に隣接する旧大高寺の跡に湧出する温泉を利用した県内初めての病院であり、地域密着型として、急性期から慢性期までの一貫性のある医療とリハビリテーションを ご提供させて頂いております。また、退院後の在宅療養や通院治療がご不自由な方には計画的に訪問診療や訪問看護、訪問リハビリ等も実施させて頂いております。

沿革・概要

昭和61年 4月 高萩市下手綱に「高萩温泉病院」を開設。150床
(内科・整形外科・理学診療科・神経内科・放射線科)
昭和62年 2月 老人病棟設置(2病棟100床)
平成 6年 4月 救急業務本格実施(茨城県より救急告示病院に指定)
平成 7年 4月 在宅医療本格実施(訪問診療・訪問看護)
平成 8年10月 高萩温泉病院名称変更「やすらぎの丘温泉病院」となる。
平成11年 9月 増築工事実施(療養環境スペースの拡大)
療養型病床群(104床)を設置。
平成11年11月 指定居宅介護支援事業所に指定される。
平成12年 4月 療養型病床群(104床)を医療療養病床と介護療養型病床の2つに変更。
平成15年 1月 茨城県地域リハ・ステーションに指定される。
平成15年 4月 作業療法室を増設。
平成17年 1月 病院増築工事実施 一般病床25床増設。
平成20年 2月 高萩市安良川にやすらぎの丘温泉病院付属安良川クリニックを設立。
居宅介護支援事業所並びに安良川訪問看護ステーションも同施設内に設立。
平成25年 1月 居宅介護支援事業所廃止
平成27年12月 回復期リハビリテーション病棟開設
ページの先頭へ