リハビリテーションセンター

リハビリテーションセンター

病気、あるいは事故後、どのようにリハビリテーションを行うかによって、寝たきりになるか、健やかな毎日が過ごせるようになるかに分かれると言っても過言ではありません。 リハビリテーションは「人間らしく生きる権利の回復」とさえ言えます。

 

リハビリテーションセンター やすらぎの丘温泉病院では、広く明るい開放的な理学療法室や作業療法室・言語聴覚室などの充実した設備のもとで、 専門の医師や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などによる理学療法・作業療法・言語聴覚療法をそれぞ れ個別的に実施し専門的な治療を行っています。
私たちは、患者さまが身体的、精神的、かつ社会的にもっとも適した機能水準の達成を目指しています。
また本人の残されている能力に目を向けることにより将来何ができるかに注目して、障害のある人々から教わる気持ちを大切にしていこうと考えています。 特に障害のある高齢者に接する場合に、その社会への貢献、人間としての尊厳に目を向けて、謙虚に接していこうと考えています。

 

地域指定リハ・ステーションとしての活動

当院では、茨城県指定の地域リハ・ステーション事業として、2008年より介護予防教室を行っています。夫婦二人暮らしや独居の方が多く過疎化が進んでいる当地域において、 いつまでも住み慣れた家で元気に過ごして頂くにはどうしたらよいか、地域にお住まいの方々が必要とされていることはどの様な事なのか、地域リハビリテーションを皆様と共に考え、 この地域に暮らす患者様ご家族様が住み慣れたところでその人らしく暮らしていくための支援を一緒に模索したいと思っております。

 

リハ・ステーション活動 リハ・ステーション活動 リハ・ステーション活動

ページの先頭へ